会長挨拶

「働くことを軸とする安心社会」の実現を目指そう!!

 皆さん こんにちは連合長野の中山です。

 現在、安倍政権はアベノミクスと称して、デフレ脱却の為の金融緩和・財政政策・成長戦略という経済強化を柱に強い日本を目指しています。我々は、過去に企業がグローバル競争対応策として実施してきたコスト削減競争、労働法制の改悪による人件費圧縮・労働条件低下を阻止しなければなりません。なぜなら全国民の半数以上の勤労者賃金をこれ以上圧迫する事は、勤労者の生活を苦しめるばかりかGDPの6割以上を占める個人消費を押し下げ、デフレ脱却がままならない状況が続く事となるからです。

 我々は昨年の年次大会で、悪化する雇用・労働環境の中で「社会の底割れ」とも言うべき状況に歯止めをかけ、雇用の創出・確保、政策・制度の実現に全力を傾けていくことを確認し、「すべての働く者のために頑張る」というメッセージを発信しました。真面目に働けば報われる、そして子供や若者が「将来に希望と安心が持てる社会」の実現に向けて連合長野構成組織全員で共に頑張っていく所存です。どうかよろしくお願いします。